山田孝男

【山田孝男 プロフィール】
1942年 弘前市で生まれる。18歳の時の神秘体験をきっかけに、自己探求の道を歩む。19歳より スブド(SUBUD、インドネシア生まれの行法)による霊的習練を実践。
1961-70年 仙台の福来心理学研究所にて超心理学、神秘主義、ヨーガを研究。TM(超越瞑想)を初めて日本で紹介する。
教職を辞してインドに渡りヒマラヤの麓、リシケシにあるスワミ・ヨーゲシュワラナンダの道場にてラージャ・ヨーガを修行。1年2ヶ月にわたり、インド・ネパールにて霊的修行を実践。
1971-78年 71年帰国後、占星学の研究普及のための通信講座を開講する。78年、『ほびっと村』にて占星学教室を開講。インド占星学を含む、本格的な西洋占星学を教える。門下生の多くは現在も第一線にて活躍中。73年、ピラミッドパワーの不思議と出会い、瞑想で得た超感覚的知覚能力に よって解明を試み、『ヒランヤ通信』と名づけたチャネリング情報からサイコトロニクス(精神工学)に関する貴重なヒントを与えられる。これは瞑想教室門下生の出羽日出夫氏によって、ヒランヤという名前で商品化された。
1978-89年 78年、アメリカ人のホセ・シルバ氏の開発した『シルバ・メソッド』 (SMC)の講師に就任。以降90年までに数千人の指導にあたる。80年、魂の覚醒を目的とした、少人数制の『実践瞑想口座』を開講。 (これは後に、APGの集中瞑想講座に引き継がれた。) 同年、任意団体『まいんどまいんど八王子』を設立。SMCや瞑想を教えるかたわら、85年からは、故クリストファー・ヒルズ博士のスーパー センソニクス理論実技、器具の普及を始める。88年、株式会社『MMエイト』を設立。「SF通信」「パイレイ」を発行。
1990-2003年 90年、富士山・山中湖にノエラ研究所を設立。意識変容とヒーリングに役立つ意識テクノロジーの更なる探求と製品の開発を継続。 94年『MMエイト』を辞任。それに伴い「パイレイ」「SF通信」廃刊。 96年、NEWS LETTER『SUN』を発刊。(12月号よりAPGに引き継がれ、APG機関誌として30号まで刊行) 97年、APG(アセンション・プロジェクト 銀河の声)設立。代表に 選任される。21世紀の新しいヒーリング空間をめざす。日本における瞑想指導の第一人者として、真実を求めるすべての人々に自己探求の道を示し続けて来た。
2003年7月5日(土)午前2時22分、源に還る。
瞑想指導家 意識テクノロジー発明家 APG初代代表 日本サイ科学会理事 福来心理学研究所理事

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

3

  • 『時間をはずした日』

    『時間をはずした日』

    4,526円

    在庫なし

    『時間をはずした日』講演DVD発売にあたって 1999年7月25日。マヤ暦の、大晦日と元旦の間の一日に当たるこの日を、「時間をはずした日・The Day Out Of Time」として祝うイベ…

  • 『21世紀 人類と地球のシナリオ』

    『21世紀 人類と地球のシナリオ』

    4,629円

    在庫なし

    『21世紀 人類と地球のシナリオ』講演DVD発売にあたって 新春瞑想会は、その年の傾向を精神的・社会的な視点から予想し、参加者の願望実現と世界平和を祈るAPGの恒例イベ ントです。このDVDに…

  • 『瞑想三昧』

    『瞑想三昧』

    5,349円

    在庫なし

    『瞑想三昧』講演DVD発売にあたって 20世紀最大の覚者といわれるラマナ・マハリシ。瞑想三昧は、ラマナ・マハリシの没後49周年の命日を記念して1999年に始まり、その後もAPGで毎年開催されて…