本幣(ほんぬさ)ピアス

本幣(ほんぬさ)ピアス

販売価格: 3,500円(税別)

(税込価格: 3,850円)

在庫なし

商品詳細

 

 

古神道家 土田幸子による災いを遠ざけて、願いを叶えるお守りアクセサリーです。

 

「本幣(ほんぬさ)」形は、神棚の前に飾る最も神道らしい御幣です。

この折り方は「鏡」の部分と「志伝」の部分を同時に折り、大変重要な意味と効力をもちます。

太古から伝承されてきた神の依代(よりしろ)である御幣(ごへい)は、

神社で神殿に置くものから、神様へお祈りする時奉るもの、ご家庭の神棚を飾るものなど、

日常生活の中で付いた汚れや穢れを祓う道具や、病気治癒のための儀式に使われたりするもので、

単に神さまの供物としての用途だけでなく、日常的な祈りと祓いの功力をもった御神体とされていて、多くの用途があります。

御幣の象りは、神を勧請する目的の神聖な形をしていますので、まさに神力が宿る神の依代そのものであり、

「神なり」、「紙なり」「火水」=「雷」ともかけられ、雷電のごとく天人地を繋ぎます。

神社参拝する時や、ご家庭での祈りや祓い清めの時、あるいはお守りとして身につけてください。

神さまの霊験があらたかに、心願成就するよう祈ってからご使用ください。

※ご注意:和紙を使用し、玄義に基づいて作成しています。

原材料は紙(神)ですので、水分などに触れないようにし、丁重に取り扱うよう十分にご注意ください。

 

(古神道家 土田幸子)

 


 素材:和紙、(金具部分)真鍮に金メッキ、麻紐


● 使用例: 神社参拝するとき、ご家庭での祈りや祓い清めのとき、あるいは普段のお守りとして身に付けてください。

● 使用する際に: 神様の霊験あらたかに心願成就するよう、祈ってからご使用ください。


 

【御幣アクセサリー】を身につけた方からのご感想

 

 

アスをつけ、いつもの勉強会をしに講習会に行ったら、苦手な人が近寄らなくなって、好意をもってくれるかたが周りに集まってきてくれて、嫌な思いをすることがなくなりました。

御幣は荒い波動を持っていると言われていますので、そういった自分に合わない、不要なものを祓い浄める作用があるようです。祓いの力が働いていると感じております。

 

ヤリングをつけると、顔や肩のあたりがふわっと空気が暖かくなり、

やわらかなのがいつも自分のそばで守っている感じがして、疲れにくい気がしています。